フランチャイズ展開した介護施設|コストを抑える

医者

加盟料考える

看護師

介護のフランチャイズにも加盟料は必要になります。加盟料とは加盟する際に必要なお金になります。どこも同じくらいだと考えている場合もありますが、そうではありません。また加盟料が高い場合は、サポートが手厚い場合が多いです。

» 詳細へ

高齢化社会に必要な事業

お年寄り

高齢化社会によって新規に介護事業を立ち上げる人が増えています。介護の仕事が人気なのはそれだけ需要があることと、社会に貢献できる仕事だからです。新規に立ち上げる場合、全国展開のフランチャイズに加盟する方法があります。顧客を集めやすくなるだけでなく、低予算で短期間で起業できるメリットがあります。

» 詳細へ

高齢化社会で必要なFC

介護保険請求ソフトを導入しておいて業務効率を高めておこう。色んな機能があるので多くの場所で取り入れられています。

高齢者向けサービスの特徴

現在の日本は、世界に類を見ないスピードで少子高齢化が進んでいます。高齢者向けのサービスに関する事業は、今後確実に成長するとみられています。その中で、介護というのは、非常に重要な問題となっています。介護を必要とする高齢者や家族は多く、今後も増え続けるのに対し、介護にあたる家族や介護士が圧倒的に不足しているからです。そのため、介護に関するサービスの充実が課題となっています。フランチャイズ業界でも、介護の分野は急速に成長しています。フランチャイズとは、ある商品やサービスの権利を本部が所有し、それを加盟者がロイヤルティーを払って使用するという方式の商法です。とくに、介護のような専門知識と専門技術の必要な分野では、大いに期待されます。

FCで知っておくべき情報

フランチャイズは、飲食店やコンビニなどの業界で有名な商法です。フランチャイズ展開において重要な点は、その業界の今後の成長性・将来性、そして初期費用(イニシャルコスト)と経営費用(ランニングコスト)などです。介護の分野のフランチャイズはまだ歴史が浅いですが、確実に将来性はあります。イニシャルコストに関しても、店舗を構えない訪問型のサービスでは、非常に低く抑えることができます。居住型介護サービスやデイサービスなどでは、施設を開設する費用がかかります。しかし、他の飲食店やコンビニと異なり、駅に近い便利な場所というような立地の良さは必ずしも必要ではありません。そのため、郊外の地価の安い場所に建設すれば、これも抑えられます。残る問題は、介護士などの従業員の確保です。

国保中央会介護伝送ソフトが、現場で働くスタッフの作業効率を確実にアップさせますよ。情報をすぐ共有できるので便利ですね。

高齢化に対応したビジネス

ウォーキング

高齢化に伴ってわが国では介護ビジネスの市場が急激に拡大していますが、このスピードに遅れることなくビジネスチャンスを掴めると期待されているのが、フランチャイズ方式です。すでに蓄積済みの経営ノウハウを利用することで、短期間での開業を実現することができます。

» 詳細へ

Copyright©2015 フランチャイズ展開した介護施設|コストを抑える All Rights Reserved.